image5月16日に役員改選が行われ、平成28年度の三重県議会新体制が決まりました。

私の所属は①総務地域連携常任委員会、②議会運営委員会、③予算決算常任委員会理事会です。

①総務地域連携常任委員会(定数8名)
所管は、総務部、地域連携部、選挙管理委員会、収用委員会の所管及びこれに関連すること。また他の常任委員会の所管に属さないことについて担当する委員会です。
地域連携部ではスポーツ推進局、国体準備課、南部地域活性化局などが含まれています。

②議会運営委員会(11名)
所管事項は、議会の運営に関する事項、議会の会議規則、委員会に関する条例等に関する事項、議長の諮問ぶ関する事項等についてです。
5名以上の所属議員を有する会派から選出する委員11名(新政みえ6名、自民党4名、日本共産党1名)で構成。
4名以下の会派のうち2名以上の会派は委員会の同意を得て1名の委員を選出することができます。

③予算決算常任委員会(定数50名)
所管は、予算、決算及びこれに関連することです。

また、平成27年度の議会選出監査委員として1年間務めさせていただきましたが、16日に知事から辞令をいただき、新しい議会選出監査委員さんと交代させていただきました。
この1年間、県内各地様々な施設や事務所等に出向き監査を行うなかで、これまでの常任委員会での視察とは違う資料や諸帳簿を見せていただき、大変に勉強もさせていただきました。1年間、サポートしていただいた監査委員事務局職員さんにも大変お世話になり感謝しています。

16日の役員改選では議長任期は2年のため議長選挙は行われず、1年任期の副議長選挙のみ行われました。
副議長選挙に立候補を表明したのは、新政みえからは日沖正信県議(いなべ市・員弁郡選出:5期)と、自民党からは水谷隆県議(いなべ市・員弁郡選出:4期)の2名。
投票の結果は27対24で新政みえの日沖正信県議が第110代副議長に就任されました。

昨年は監査公務で時間的な拘束が多く、地元での県政報告会、座談会、マンモス通信配りなどをサボっていたので、議会体制も新しくなり、気持ちも入れ替え、新たな気持ちで活動していきます。

写真は新しく議会選出監査委員になられた杉本熊野県議(津市選出:3期)との記念写真です。